教科書はありますか?

基本、応用、音声表現技術研究の各クラスには、日本語発音塾オリジナルの教科書を用意しています。この教科書は、発音・発声の基礎力(発声の仕組み・発音記号や音の性質など)を養うもので、発音練習文も多彩に、しかも、数多く用意されています。

ホントに声が出るようになりますか?

声が出る体の仕組みに障害があれば別ですが、声が出る仕組みを知り、母音の開口角度などを学び、子音の発音を理解すれば、現在よりも響いて出るようになります。
大概の人は、わざわざ声が出ないように、出ないように発音しているようです。声は音の一種で、物理現象で響きます。気合や精神論では、号令のように強い、きつい声になってしまいます。無理をせず、仕組みで声を響かせていきます。自分が楽に声が出せ、聞き手には心地良く響いて聞こえるようにしていきます。

仕事の関係で、決まった曜日に通えない・・・

マンツーマン授業が基本ですから、毎回、授業の予約をして日時を決めます。スケジュール(日時)の変更も可能ですから決まった曜日に通う必要はありません。

既定の授業が終了した後は?

規定の授業が修了した後は、そこで終了するか、次の上位のクラスに進むことになります。
また、規定の回数で教科書が終わらない場合、補講チケットで継続出来ます。チケットの詳細はおたずね下さい。基本を終え、応用クラスも修了し、もっと豊かな表現を学びたい場合は、「音声表現技術研究クラス」が用意されています。このクラスでは、自分の表現したいものを選んで学習したり、多彩な音声表現を、納得いくまで学ぶことができます。

仕事の斡旋や紹介はしてくれますか?

日本語発音塾には仕事の斡旋はありません。声が明瞭に響くようになったことで、日々の仕事や、生活で、素敵な会話・応対・接客、効果的なトーク、信頼感ある話し方や、朗読など趣味にも活用してもらえると考えています。

外国人、留学生でも大丈夫ですか?

日本語学校ではなく発音・発声を主に指導する塾です。講師も日本人ですから、ある程度、日本語の日常会話が出来ることが必要です。体験レッスンを受けるなどして、受講できるかどうか確認してください。
明瞭で豊かな日本語の発音・発声を学びたい人ならば、国籍は問いません。是非、頑張って日本語の音を覚え、イントネーションを掴み、日本人より素敵な日本語が使えるように学んでいきましょう。

応用クラスは、どんなクラスですか?

応用クラスは、各コースの狙いに沿った会話例文や、短文、各種の文章を録音・再生し、より一層、効果的な表現方法を学びます。基本力の増強となって、普段の会話や、仕事での話し方を、さらに充実させていきます。

入塾の申し込み方法は?

まず、体験レッスンを受講して下さい。その結果、よし、やってみようと思ったら、メールでも電話でもかまいません。入塾希望であることをお知らせ下さい。そして、開講日をスケジュールに合わせて決めることになります。開講日には、入塾申込書、および、規定の料金を現金でご持参下さい。一括、または、分割払いがあります。

どんな人が習いに来ていますか?

国籍、年齢、職業も、実に様々です。会社員から、自営業、教師、医師など職業を問いません。
自分の声を、仕事でしっかり使いたいと考えている人が本当に多いことに驚かされます。さらに、俳優や声優、ナレーションなど、声のプロを目指している人や、プロですでに活躍している人々も、日本語の発音・発声の基本、表現方法などをしっかり学ぶために入塾しています。

先生は、どんな人ですか?先生は、どんな人ですか?


日本語の発音で困ったと思ったら、どんな授業なのか、まず、体験レッスンを受けてみませんか。 1回千円の体験レッスン実施中 体験レッスン 体験レッスン Page上部へ